オゾン発生器で消臭をする

オゾン発生器は業務用のものから一般家庭用のものまであります。そして、オゾンは消臭効果が高く、タバコやトイレの臭いや生活臭を抑えることができます。そして、最近はコンパクトなタイプが多くなっていて、持ち運び可能なものがあります。そうすることによって、臭いが気になるところに運んで消臭が行えます。それ以外にも、除菌効果があり、インフルエンザなどのウィルスが飛散する時期にも活躍します。特に、病院やホテルなどでも使っているところが多いです。とはいっても、あまり体に吸収されてもいいものでもないので、除菌をしている間は部屋の中にはいないようにします。そして、オゾン発生器を使う時間も30分ほどで効果があります。その後、オゾン特有のにおいが気になるのであれば、換気を行います。そうすることによって、臭いが気にならなくなります。

オゾン発生器の家庭用むけのリスク見解

オゾン発生器はオゾンの酸化特定を利用して、臭いの除去や、殺菌効果の機能を実装した製品です。分子のレベルで臭いの成分を変質させることから、脱臭効果がとても高いことが特徴です。空気清浄機とは原理が異なり、空気中の除菌、脱臭だけでなく室内のカーテンやソファなどの脱臭にも効果があります。空気中にある酸素から作られますので、原料費はかからない、残留物質がないので清潔である、ファンを使用しないので静穏性が高いなど、さまざまなメリットがあります。一方、家庭用として普及しつつあることころから、国民生活センターが商品テストを通じて、オゾン発生器についてのリスクを報告しています。一部の製品に高濃度のオゾンを発生させる可能性があるという指摘です。高濃度のオゾンに人体がさらされると、めまいなどの中毒症状が出ることがあります。粗悪品を販売している業者からは購入しないように配慮すべきです。

オゾン発生器は危ないといった見解と実際

オゾン発生は脱臭、除菌の効果が高い製品として、様々な製品が販売されています。フィルタ方式の空気清浄機と比べた場合、臭いの除去効果が高く利用者が多くいます。しかし、国民生活センターの調査報告から、一般家庭用の製品の中に高濃度のオゾンを発生させているものがあるという報告があり、マイナスの評価となっている傾向があります。オゾンは自然界にも存在する成分であり、物質としてはとても不安定であることから、すぐに酸素に変化していまいます。しかし、高濃度のオゾンがあると、めまいや体調不良につながるおそれがありますので、一般家庭むけに高濃度のオゾンが発生するような状況があってはいけないことになります。一部の粗悪品や対応の悪い業者により、オゾン発生器すべてが危険な製品であるいった見方がされている点については、議論の余地があります。

成約率43%!自社開発の技術とお客様のニーズにとことん沿う姿勢で、みなさまにご愛顧いただいています。 レンタル機器多数。オゾン曝露試験の受託も承ります。 お客様の細かなご要望に応えるべく、規格品から一品モノの特注品、OEM製品まで幅広く対応します。 全ての製品に選りすぐりの耐オゾン性部品を使用し、装置の長期信頼性の確保に努めています。 アジア各国に代理店あり。海外の現場にも対応します。オゾン発生器はエコデザインへ